読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

COJ初心者が頑張るブログ

COJ コードオブジョーカー初心者が、頑張って勝率を上げる方法を模索するブログです。戦歴やプレイ中に思ったことなどの備忘録を兼ねています

全国対戦での方針について

こんばんは。

 

本日の全国対戦の戦績です。

【4戦2勝(2-2)】ランクは変わらずJ4→J4です。

 

握ったデッキは、赤黄ピン刺しイザナミ

中々、イザナミで2点狙える機会がありませんでした。

 

 

・全国対戦での方針について

 

今後は、環境を見つつ、大会用でDデッキだったものをCデッキにして運用する方法を考えています。

現実的なのは

 

「赤黄だったら、自由枠に4ptカードを1枚入れる」

 

事だと思うのですが、その1枚を今から考えようと思っています。

 

1.軽減に刺すこと前提の場合

候補になるのは、赤か黄色のユニットカードになります。

そして、1枚だけでも、仕事をしてくれる可能性が僅かでもあるカード。

 

■進化ユニット

・黄色

イザナギ

不動明王

ヴァイス・ヘルメス

 

・赤色

ベヒーモスドラゴン

アークドラゴン

 

■ユニット

・黄色

片翼のエルフィード

義賊五右衛門

 

・赤色

酒呑童子

フルーレティ

阿修羅百式

 

絞った所、こんな形になりました。

個人的に、この中で赤黄に入れて、比較的有能だと感じるのは

 

片翼のエルフィード

酒呑童子

 

この2枚でしょうか。

片翼のエルフィードは、BP7000でかつ、相手はパンプが使えないというスキルがありますから、壁になってくれそう。

酒呑童子は、焼き残したユニットが1体いるシチュエーションなどで止めをさしてくれそう。

また、2ターン目軽減酒呑童子で、相手のBP5000ユニットを潰せる可能性もありそう。(理想はもちろん、タコマーヤですが……)

 

ただし、両方CPが4と重たいので、基本は、軽減に刺すこと前提のユニットになりそうです。

 

イザナギは……ゴメンなさい。今度、イザナギ専用デッキを作ります。

 

2.インターセプトとして

候補として、赤と黄と無色のインターセプトになります。

そして1枚で仕事をしてくれそうなものは

 

・黄色

フォトン・ソード

ハッピーキャット

聖なる領域

天使のいざない

タルンカッペ

小さな木の実

マジカルハット

表裏の泉

光の牢獄

 

・赤色

ダインスレイフ

挑発

ブラックホール

グラウンド・ヘヴィ

ホーリーカウンター

撹乱戦術

災厄の火蜂

フェニックスの羽根

 

・無色

正拳突き

センターポジション

帰還

不毛の大地

アルカナブレイク

裏切りの刃

アルカナの墓標

チェーンバインド

 

この辺りですね。

この中で、自分が比較的有能だと思うものは

 

帰還

アルカナブレイク

チェーンバインド

フェニックスの羽根

挑発

災厄の火蜂

聖なる領域

 

この辺りでしょうか。帰還は、生命の矢の枠の代わりに入れることが出来ますし、2CPという重たさをうまく管理出来るなら、チェーンバインドも有能。

挑発は、相手の黄レイアの攻撃を潰してくれますが、赤色のインターセプトのため、人身御供後には使用できないのが難点。

フェニックスの羽根は、シヴァで相手の場を焼いてからの、プラス1000ダメージを相手のユニット全体に与えられるので、有能。しかもCP0。ただし条件がプレイヤーアタック成功時なのが問題。

 

聖典の恩恵と同時に使うなら、災厄の火蜂という手もありますが、これで場を更地にする場面なら、毘沙門の方が良さそう。

 

聖なる領域は、使用タイミングをしっかりすれば、対アリアン珍獣などに対しては無双出来るのですが、それ以外のタイプだと、そもそも赤黄は盤面を維持するタイプのデッキではないので、合わない予感。

 

 

 

3.トリガーカードでの4pt枠を使う。

 

カイムのサーチ先がブレてしまうので、却下。

 

 

 

 

悩みますね。

とりあえず、上記の中から色々と試してみようと思います。

 

赤黄以外だったら、今期で握ってみたいのは

 

・レベコン

・黄単

・昆虫オロチ

・トリガーロスト

・盗賊

 

この辺りでしょうか。

とりあえず、上記の5つと赤黄を含めた6種類のデッキを組んでみることにします。

 

 

・今日の明確な敗因

 

・対赤黄スピムに対しては、人身御供の使用タイミングと、相手が使用しているレイアの使用枚数の把握が大切。

→相手が、レイアを持っていたら負け、みたいなプレイングは良くない。運の要素に頼るのではなく、確実なプレイングを心がけること。

また、赤黄は、デッキが2周目に入るのが前提な所があるので、2周目に入ったら、魔法石がある以上、いつでもレイアを相手は持ってこれる、という認識を持ったほうが良い。

 

ライブオンステージのケアについて

ケアすべきときと、ケアしないで割り切る時の、その判断基準を明確にすること。

ここはケアすべき、というシチュエーションでケアできていなかったりすることがある。

 

 

・相手がゴーレムを場に出した時は、あえてブロックを誘って、相手のゴーレムクロックアップさせて、ユニットを消してもらうという方法も有効な時があること。

ジャンプーや、焼きで除去するだけが戦法ではない。レベコン相手で、テレスを出された時と同様に、相手の場のユニットのデメリット能力を利用した動かし方を、臨機応変にすることが大切。

 

 

 

・以下、コメントへのお返事になります。

 

エリア予選、お疲れ様でした 自分も厳しいと思ってた当日枠8/26を通過出来たので赤黄を握って参加してきましたが、結果3回戦負けでした 赤黄で先行だったのに捲くられる大失態 敗因は相手の方が特殊な赤黄で対応出来なかった自分の経験の無さでした。 これからもお互い全国をやってがんばりましょう いつかマッチングする日を楽しみにしてます

 

コメントありがとうございます。そして、エリア予選お疲れ様でした。

赤黄ミラーの場合は、予想外の構成の方と当たると、中々難しい所がありますよね。

3回戦まで行かれている……と言う事は、おそらく、自分よりかなりランクの高い方、だと思いますので、早く、マッチング出来る所までランクを上げたいと思います。頑張ります!

 

お疲れ様でした。 自分は2回戦敗退でした…

 

お疲れ様でした。コメントありがとうございます。

敗退、辛いですよね。自分は、この敗退の経験を、今後に活かして頑張っていこうと思います。

 

今日は以上になります。

COJをプレイした日は基本更新するよう心がけていきますので、今後ともよろしくお願いします。

頑張ります。

 

 

 

・宣伝

この度、セガ・インタラクティブサポーターズサイトに登録していただきました。もし、記事がお気に召しましたら投票していただければ幸いです。 

f:id:morederta:20150927113952p:plain(仮バナー)