COJ初心者が頑張るブログ

COJ コードオブジョーカー初心者が、頑張って勝率を上げる方法を模索するブログです。戦歴やプレイ中に思ったことなどの備忘録を兼ねています

コスプレ初心備忘録

お久しぶりです、More.Dです。
久しぶりに、リハビリかねて少し筆をとろうと思います。

本日10月26日、タイトーステーション博多パピヨンプラザ店にて、COJのマンスリートーナメントを行いました。
ご参加いただきました皆様に、心よりの感謝を申し上げます。

今回、レギュレーションの関係で、そこでクロエ・ノーチェスのコスプレをしたのですが、その課程や苦戦したこと等を備忘録としてまとめたいと思います。


f:id:morederta:20181027020914p:plain
SEGA 公式サイト キャラクター紹介より クロエ・ノーチェス)

【コスプレのために調達したもの】
・ウィッグ
・トップス(ホルターネック)
・タイトスカート
・コルセット
・ミュール
・イヤリング
・足飾り3種(足首・太もも)
キセル
猫耳
・特殊メイク用接着剤&リムーバー
・布(青・ワインレッド)
・ゴム(両腕部用)
・レース(黒)
・ファーのストール
・各種メイク道具
・ペディキュア用ネイルシール
・空色マジックインキ
・両面テープ
・シリコンバス
・ブラ(2種類)
・ヒップアップショーツ(未着)
・粘着包帯


以下、詳細とコスプレして気づいた点


・ウィッグ
→ブラッシングに結構時間がかかる事が分かった(30分強)。長髪なので、念のため大会前日にウィッグにリンスを施した。
髪型については、追求するならウィッグした上でのカットが必要だと感じた(今回は整えてカバー)

・トップス
→最初は『背中あきの服』の名称が分からず、検索するためのワードを検索する所から始まった。
調べたところ、「ホルターネック」というものがあると分かり、ヨガ用のラフなものを購入。

・タイトスカート
→ミニを購入。試着してみるとインナーが気になったので、それ用の補正下着を注文。
ふちにレースをつけた。本当はダイヤの穴柄のレースなのだが、ここは妥協。


・コルセット
→女性用でもヒモを調整すれば着れることが分かった。きちんとした手順をふめば一人で着脱できる事が分かった。かなり締め付けられる。

・ミュール
XLサイズを購入。足の指がみえるので、ペディキュア用のネイルシールが必要と感じ、追加発注した。

・両腕部のヒラヒラについて
→流石に市販に類似品がなかったため、青い布とワインレッドの布を購入しミシンでハンドメイド。模様は公式設定資料集(電子版)を購入し、拡大しながら水彩絵具で塗装。
ヒラヒラの裏地がそのままだと綺麗に広がらなかったので、何度か途中を縫い直すなどの手直しを行った。
→公式設定資料集の電子版には、付録の水着ブリギッドのシリアルコードはついていなかった。

・シリコンバストの装着について
→クロエ・ノーチェスの容姿の関係上、必要と思い購入。最初は両面テープでの固定を試みたが、両部で1Kgのものを購入していたため、粘着力が足りなく、特殊メイク専用の接着剤を購入するに到った。
シリコンバストが内蔵出来るタイプのブラも念のため同時購入。試着したところホルターネックのトップスからかなり透けたので、最終的にはシリコンバストを接着固定の上、普通のホルターネックブラを使用した。

キセル
→小道具として必要と思い、購入。
17cmのものを注文したが、手に取ったところ、想像していたよりサイズがあまり大きくなかったのが反省点。

・首、足首、太もも、耳用にアクセサリーを調達
→海外発送系のアクセサリーは、到着日時があまりあてにならない。到着予定が1週間ずれ込むのはザラにあった。
→海外発送系は、余裕を持った購入が必要。
実際、臀部の補正下着が大会までに間に合わず(まだ未着)、タイトスカートだったので、下半身を何とかするために『タック』というワードを調べ、行うまでに到った。

スマホが操作できる形のグローブをペイント加工
→空色のマジックインキを購入。しかし黒だと色が乗らず、青くするためには一度白の絵具を塗って、その上に青を重ねる必要があった。
→グローブだとオーバーライド含め、操作性に難があった。


後は、前日に除毛を徹底。

コスプレした時の写真がこちらになります。

f:id:morederta:20181027015633j:plain
(両腕部外した状態での写真)

調達したは良いが結局使用しなかったものも多々あったため、もしまた今後、機会があれば
必要なものの選定から、もう少し何とかしたいです。


これから、エージェントのコスプレをされようと考えられている方の、少しでも手助けになれば幸いです。
クロエ・ノーチェスさん。お誕生日おめでとうございます。

第4回パピヨン杯開催します

おはようございます。
More.Dです。

本日は、インテックス大阪で行われます『こみっく★トレジャー31』というイベントに来ています。

サークル『ベルゼブ部』にて、合同で執筆させていただいたCOJの攻略本が頒布されるとのことです。
初級者・中級者向けの記事を執筆いたしました。どうぞよろしくお願いいたします。


【第4回パピヨン杯について】
さて、ここで告知です。

来月2月17日(土)に、タイトーステーション博多パピヨンプラザ店にて、コードオブジョーカーの大会を開催します。


以下、詳細です。

【大会日時】
2018年2月17日(土)
13時~18時頃

【会場】
タイトーステーション博多パピヨンプラザ
2Fコードオブジョーカーコーナー

【大会レギュレーション】
参加人数に応じて、試合形式を変更予定

3名~6名:総当たりリーグ戦
7名~16名:ダブルエリミネーション形式
17名~32名:シングルトーナメント1本先取


大会当日の全国対戦スタンダードレギュレーションを使用。

以下、大会特別レギュレーション

・デッキオリジナリティポイント84pのデッキ
・『パピヨンガール』が描かれたカードを2枚以上入れたデッキ

どちらかを満たしたデッキのみ使用可能

【参加費】
300円(当日ターミナルに投入)

【大会受付】

事前大会参加申請は、COJ団のみで受付。

cojdan.jp

当日受付は、10時~12時50分頃を予定。

パピヨンガールが描かれたカードは何種類かあります。
同じ種類2枚でも構いませんし、違う種類1枚ずつでも構いません。

デッキオリジナリティポイントは、大会当日のポイントを使用いたします。

今まで、試みてなかったタイプのレギュレーションですが、楽しい大会になればと思います。
皆さまのご参加、心よりお待ちいたしております。

Ver.2.2EX カードレビュー(無)

最後に、無色カードのレビューになります。

今回の無色カードはかなり個性的ですね。

 

 

f:id:morederta:20171028063311p:plain

カード名: 全ては夢の中
レアリティ: C
コスト: 0CP
タイプ: トリガー
属性: 無属性
種族: --
BP: - - -
       
■全ては夢の中
対戦相手のユニットがフィールドに出た時、そのユニットを手札に戻す。対戦相手のCPを+3する。

 

ジャックポット』という印象。

大型ユニットを出すタイミングに合わせられればアドバンテージがとれます。

アトゥムは除く)

 

環境が固まって、回し方のセオリーなどがある程度確定してからでないと怖くて使えないカード。

 

 

f:id:morederta:20171028063303p:plain

カード名: 秘密の城
レアリティ: UC
コスト: 0CP
タイプ: トリガー
属性: 無属性
種族: --
BP: - - -
       
■秘密の城
あなたのユニットがフィールドに出た時、それの基本BPを+1000し、【加護】、【固着】、【秩序の盾】から1つをランダムで与える。

 

ランダム付与なので、既に付与先ユニットが加護を持っていても、上書きで加護がつく可能性もあります。

 

加護固着秩序の盾。全てが効果的なデッキが環境で流行ったときには思い出したいカード。

どれか2つが有効というくらいでは、中々使うのがためらわれます。

 

 

 

 

 

 

f:id:morederta:20171028063256p:plain

カード名: 人海戦術
レアリティ: R
コスト: 0CP
タイプ: トリガー
属性: 無属性
種族: --
BP: - - -
       
人海戦術
対戦相手のユニットがフィールドに出た時、あなたのユニットを2体選び破壊する。そうした場合、フィールドに出たユニットを破壊する。あなたはカードを1枚引く。

 

ユニットの価値があまり高くないタイプのデッキで使用したいカード。

代表的なのは珍獣ゾンビ海洋ですが、ゾンビ海洋は捨て札が削れていくので注意。

 

かなり奇襲性の高いカードなので、中々警戒も難しいカード。

デストラクションスピアを警戒してたらこれを踏んだ』というケースは有りえるかもしれません。

これで舞姫を破壊すると、巫女の護り手が発動出来ます。

新カードの中では、蒼の姫を入れた魔導士デッキと組み合わせてみたい所。

 

 

 

f:id:morederta:20171028063247p:plain

カード名: 謎の来訪者
レアリティ: VR
コスト: 0CP
タイプ: トリガー
属性: 無属性
種族: --
BP: - - -
       
■謎の来訪者
あなたのユニットがフィールドに出た時、あなたの捨札にある消滅しているカードを1枚ランダムで手札に加える。

 

 

ランダム回収。

 消滅領域が狭ければ狭いほど、使いやすい。

 

逆に、コレクター後などで広くなった消滅領域とは相性が悪い。というより効果が薄い。

黄タウロスアポロン程度の消滅領域ならば、利用価値はありそう。

 

青単デッキ盗賊の手を踏んだとき用の、盗賊の手メタのような印象。

メタカードのメタカードが、強いかどうかは不明。

 

 

 

 

f:id:morederta:20171028063239p:plain

カード名: パッシブスキル
レアリティ: C
コスト: 0CP
タイプ: インターセプト
属性: 無属性
種族: --
BP: - - -
       
■パッシブスキル
対戦相手の効果によって対戦相手のCPが増加した時、対戦相手の全てのユニットの基本BPを1/2にする。そうした場合、ターン終了時まであなたの全てのユニットのBPを+10000する。

 

対戦相手のユニットがいないと、効果が発動できない。

CP増加に反応して発動するタイプのカウンター系インターセプト

 

ナイトガーデンでも発動するが、それでパッシブスキルを打つと、超BPユニットをイシスに取られる可能性があるので注意。

 

対面のデッキに、CP増加効果が一切入ってない場合、トリガーゾーンを占領しつづける可能性があるので注意。

 

 

 

 

f:id:morederta:20171028063232p:plain

カード名: 勝利への方程式
レアリティ: UC
コスト: 1CP
タイプ: インターセプト
属性: 無属性
種族: --
BP: - - -
       
■勝利への方程式
あなたのターン開始時、あなたのCPが10以上の場合、あなたのジョーカーゲージを50%増加する。

 

今回の新カードの中で、一番ランキング最下位にくると予想しているカード。

画像は角打ちで、王手飛車取りをかけたところでしょうか。

 

完全に専門家専用カードだと思うので、どなたか研究をお願い致します。

 

ターン開始時にCPが10以上スタートをする方法は

虹の架け橋(7CP&ユニット3色)

血染めの夜(7CP&ユニット3体破壊)

加速装置(7CP&手札3枚捨てる)

聖典の恩恵(7CP&対面のトリガーゾーン3枚)

デイトレーダー(7CP&対面にLV2以上ユニット3体)

アルラウネ+2CP増加系

・2CP増加系2枚

 

位しか、わたくしには思いつかず、まだ狙って打てそうなのは血染めの夜位だと思います。

 

ジョーカー絡みのワンショット系、ですかね。

 

 

 

f:id:morederta:20171028063224p:plain

カード名: 路線変更
レアリティ: R
コスト: 0CP
タイプ: インターセプト
属性: 無属性
種族: --
BP: - - -
       
■路線変更
あなたのユニットがフィールドに出た時、あなたのフィールドにユニットが4体以下の場合、そのユニットをデッキに戻す。そうした場合、そのユニットと異なる種族の同じコストの進化ユニット以外のユニットをデッキからランダムで1体【特殊召喚】する。

 

色々と悪さの出来るカード。

ディメンションゲートと異なり、デッキ構築を工夫すれば、確実に狙ったユニットを特殊召喚可能。

種族とコストの組み合わせだけ数があるので、今後の研究しがいが非常にあるカード。

 

エリートシーフエンジェルビルダーになるような組み合わせでも充分強い。

(エンビルは加護付きます)

 

 

 

 

 

 

f:id:morederta:20171028063216p:plain

カード名: 運命の装填
レアリティ: VR
コスト: 0CP
タイプ: インターセプト
属性: 無属性
種族: --
BP: - - -
       
■運命の装填
あなたのユニットがフィールドに出た時、あなたのトリガーゾーンにあるカードから1枚選んで手札に戻す。
対戦相手のユニットがフィールドに出た時、あなたのトリガーゾーンにあるカードから1枚選んで手札に戻す。そうした場合、あなたはカードを1枚引く。

 

 リリスプルソンマモンなどでささったカードを再装填出来るカード。

 

このカードの登場によって、『トリガーゾーンで一生腐る』タイプのカードを取り除くことも可能になりました。

 

自分のターンで打つよりも、相手ターンで打つと、ワンドローがつくので

なるべくなら相手ラウンドで発動すべきだと思います。

その場合は手札が溢れないように注意する必要あり。

 

リリスで刺さって発動させる場合、反射神経が良くないと、運命の装填発動前に刺さったカードの確認が出来ません。

 

 

 

総評として、非常に研究しがいあるカードが多いです。

特にインターセプトの路線変更は、組み合わせを考えるだけでも楽しいのです。

 

 

一気に書いたので、後半はわりと短めのレビューになってしまっているかもしれません。

これらのカードで、COJがもっと盛り上がるの楽しみにしています!!

 

Ver.2.2EX カードレビュー(紫)

今回、一番追加枚数の多い紫です。

引き続き紹介していきます。

 

f:id:morederta:20171028061415p:plain

カード名: グレンデル
レアリティ: C
コスト: 1CP
タイプ: ユニット
属性: 紫属性
種族: 悪魔
BP: 3000 4000 5000
       

■圧倒的小者感
対戦相手のユニットがフィールドに出た時、このユニットを破壊する。そうした場合、フィールドに出たユニットにターン終了時まで【進化禁止】を与え、あなたはインターセプトカードを1枚引く。あなたの紫ゲージを+1する。

 

自壊ユニットシリーズの中では、自壊時の効果が一番すぐれている印象。

といっても、進化禁止はおまけの感覚。

インターセプトドロー+紫ゲージ+1がついているので、対面で出てきた場合は、できればユニット召喚時効果で破壊してしまいたい。

 

このシリーズで緑以外で共通しているのは、『シヴァなどの効果で出た時に破壊された時は効果が発動しない』という点。

よって、インドラ等も対処策として非常に有効。

 

 

 

 

f:id:morederta:20171028061403p:plain

カード名: ダンゴマシン
レアリティ: C
コスト: 2CP
タイプ: ユニット
属性: 紫属性
種族: 昆虫
BP: 4000 5000 6000
       
■魔素分解分泌液
あなたの【昆虫】ユニットがフィールドに出た時、あなたの紫ゲージを+1する。
■寄生増殖
このユニットが破壊された時、【昆虫】ユニットのカードを1枚ランダムで手札に加える。

 

紫鷹丸などの紫侍に続き登場した紫昆虫シリーズ

オーバードーズ等で破壊しても、破壊時効果の関係であまり痛くないという印象。

 

今期は特にホルスが暴れまわる可能性があるので、ホルスを撃退できるパンプの採用は効果的。

そのような意味では、紫昆虫もありかもしれない。

 

ランク帯によっては、昆虫デッキの使用者も多いと聞いたことがあるので、研究次第では、紫昆虫というよりも、昆虫タッチ紫デッキが生まれる可能性がある。

 

紫鷹丸でもそうだったが、このユニットを2体出すと、それだけでゲージが3まで溜まる。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:morederta:20171028061351p:plain

カード名: クワガイスト
レアリティ: UC
コスト: 3CP
タイプ: ユニット
属性: 紫属性
種族: 昆虫
BP: 5000 6000 7000
       
■闇蟲の巣窟
▲2]このユニットがフィールドに出た時、あなたのフィールドにユニットが3体以下で、あなたの紫ゲージが2以上の場合、捨札にある進化ユニット以外の【昆虫】ユニットをランダムで2体まで【特殊召喚】する。あなたの紫ゲージを-2する。
■蟲軍一致団結
あなたのターン終了時、あなたのフィールドに【昆虫】ユニットが3体以上いる場合、あなたの【昆虫】ユニットの基本BPを+1000する。

 

昆虫デッキで使用する場合、クイーンアントを先に出しておくことで

クイーンアントからの特殊召喚クワガイストの効果と発動をつなげる事ができる。

 

上の効果はゲージを使う効果ではあるが、ダンゴマシンが存命ならゲージの回復は容易い。

 

昆虫タッチ紫を組むにあたって、考える必要があるのは

・昆虫以外の紫ユニット

・紫のインターセプト

 

を何を使うか。『昆虫オロチでナイトガーデンを使いたい』位の感覚なら、紫ユニットはダンゴマシンだけでも充分かもしれない。

 

 

 

 

 

f:id:morederta:20171028061342p:plain

カード名: ナイトシーカー
レアリティ: R
コスト: 2CP
タイプ: ユニット
属性: 紫属性
種族: 忍者
BP: 3000 4000 5000
       
■ナイト・スクリーム
対戦相手のターン開始時、このユニットが捨札にあり、あなたの紫ゲージが5以上の場合、このユニットを捨札から【特殊召喚】する。
■暗器調達
このユニットがプレイヤーアタックに成功した時、以下の効果から1つを選び発動する。
①:あなたの手札を1枚消滅させる。そうした場合、あなたの捨札にあるトリガーカードを2枚までランダムで手札に加える。
②:トリガーカードを1枚引く。

 

 

 

忍者デッキで使用するのか、紫のコレクター種族要員として使うのかによって、運用の仕方が大きく変わるユニット。

 

下記の効果『暗器調達』は、密偵を永久回収出来る可能性が高い。

しかし、自身がプレイヤーアタックに成功しないといけない点に注意。

 

紫デッキで採用する場合、ゲージ5なら捨て札から湧いてくるが、BP帯の関係上、ミラーだとオベロンの餌食になる可能性がある点に注意。

 

 

 

 

f:id:morederta:20171028061333p:plain

カード名: 闇黒教授モリアーティ
レアリティ: VR
コスト: 4CP
タイプ: ユニット
属性: 紫属性
種族: 道化師
BP: 8000 6000 4000
       
■カオティックロジカレーザー
▲3]このユニットがフィールドに出た時、あなたの紫ゲージが3以上の場合、対戦相手の全てのレベル2以上のユニットを破壊する。そうした場合、あなたの紫ゲージを-3する。
■狂宴のトリック
対戦相手のユニットがフィールドに出た時、それがレベル1の場合、そのユニットのレベルを+1する。

 

紫というより、青という印象。

BPはロキそのもの。

 

レベル上げのシステムユニットとして運用するために、ゲージがない時に素出しするという動かし方も充分ありだと思われる。

また、対面にレベル2以上のユニットがいない場合も、おそらくゲージが消費されない可能性が高い。

 

 

あくまで、レベル1のユニットをレベル2にするだけなので、これで対面のLV2ホルスがOCしてくるといったことはない模様。

 

 

レベコンのお供として、青紫なら入るユニット。

同じ4CPのVR紫ユニットであるマスティマがかわいそうになる位の効果。

 

純紫で使用するイメージが今のところあまりぴんと来ない。

 

対面のユニットが必ずLV2以上で出てくるので、他に青ユニットがいれば、ブルーホールを発動させることが出来る。

 

 

 

f:id:morederta:20171028061322p:plain

カード名: 遊魔戦姫プルソン
レアリティ: SR
コスト: 3CP
タイプ: 進化ユニット
属性: 紫属性
種族: 悪魔
BP: 6000 7000 8000
       
■GO!GO!アルカナパレード♪ 
このユニットがフィールドに出た時、あなたの紫ゲージを+[あなたのトリガーゾーンにあるカードの枚数×1]する。
■夢の国からサプライズ♪
あなたのターン終了時、あなたのデッキから1枚ランダムであなたのトリガーゾーンにカードをセットする。

 

 

赤紫と、純紫で暴れまわるイメージのカード。

赤紫なら、リリス後のプルソンは、ゲージを一気に上昇できる可能性大。

純紫でも、とりあえずインターセプトを伏せておくことで一気にゲージを上昇できる。

 

進化なので、ネフティスでサーチが可能。

ネフティス自身のゲージ上昇効果とあわせると、今までよりゲージ事故がかなり起こりにくくなる印象。

 

ランダムでカードがトリガーに刺さるので、ジーク紫で使用する場合は、運命の装填も同時にデッキに入れる必要がある。

 

 

 

 

 

f:id:morederta:20171028061311p:plain

カード名: 幽天の鎮魂歌
レアリティ: C
コスト: 1CP
タイプ: インターセプト
属性: 紫属性
種族: --
BP: - - -
       
■幽天の鎮魂歌
あなたのユニットがフィールドに出た時、あなたのユニットを1体選ぶ。それを破壊する。そうした場合、あなたの捨札にあるインターセプトカードを1枚選ぶ。それを手札に加える。あなたの紫ゲージを+1する。

 

捨て札からの任意でインターセプト回収。

任意

ネフティスを破壊すれば、トータルでゲージ+2。

 

デッキの回転を、非常に滑らかにしてくれそうな予感。

ナイトガーデン並の採用率になるかはまでは分からないが、ポテンシャルは高いと思う。

 

 

 

 

 

f:id:morederta:20171028061528p:plain

カード名: ダブル・シュリンカー
レアリティ: C
コスト: 1CP
タイプ: インターセプト
属性: 紫属性
種族: --
BP: - - -
       
■ダブル・シュリンカー
▲3]あなたのユニットがフィールドに出た時、あなたの紫ゲージが3以上の場合、対戦相手のユニットを1体選ぶ。ターン終了時までそのユニットのBPを1/2にする。あなたはカードを1枚引く。

 

これを使用するとBP6000ユニットが、オベロンでの致死圏に入るが

プレリュードなら7,000ラインまで致死圏にもっていけるため、その用途での使用は微妙。

 

不滅持ちであるマンユオベロンで沈めたい時などは使える。

強制防御などとの相性も良いので、紫緑や、シャーロッテマッシブタイプの紫では採用の余地あり。

 

 

f:id:morederta:20171028061245p:plain

カード名: ルナティックドーン
レアリティ: UC
コスト: 0CP
タイプ: インターセプト
属性: 紫属性
種族: --
BP: - - -
       
ルナティックドーン
▲5]あなたのユニットがフィールドに出た時、あなたの紫ゲージが5以上の場合、あなたのユニットを全て消滅させ、あなたの手札とトリガーゾーンにあるカードを全て破壊する。そうした場合、あなたのCPを+3し、手札が5枚になるまでカードを引く。あなたの紫ゲージを-5する。

 

ゲージと引き換えに、一旦自陣の状態を、手札など含めてリセットするカード。

事故が起きた場合の保険の役割。 

 

失ったゲージ5を回復する手段がデッキ内に残っているならば、使用もありだと思われる。

場にネフティスがいれば、その数分ゲージは回復はする。

 

このカードを使うほど、追い込まれた状態がこないように立ち回りたい。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:morederta:20171028061232p:plain

カード名: ウロボロスの刻印
レアリティ: R
コスト: 1CP
タイプ: インターセプト
属性: 紫属性
種族: --
BP: - - -
       
■選略・ウロボロスの刻印
あなたのターン終了時、以下の効果から1つを選び発動する。
①:あなたの紫ゲージを+2する。
②:[▲1]あなたの紫ゲージが1以上の場合、あなたの捨札にあるカードを2枚ランダムで手札に加える。あなたの紫ゲージを-1する。

 

これを3枚積んでおけば、とりあえずゲージに困ることはないという印象。

 

2番めの効果は、魔力解放と比べると

・2枚とも捨て札から回収→OCユニットなどを作りやすい?

・ゲージが減る

・しかしゲージ1から発動できる

・発動タイミングはこちらが遅い。

 

という違いになっている。

魔力解放をよく使っている方等に、意見を聞いてみたい。

 

 

 

総評として、純紫で使えるユニットがあまりいない印象。

SRのプルソンインターセプトによって、ゲージための選択肢が非常に増えたイメージです。

 

 

Ver.2.2EX カードレビュー(緑)

新カードレビューも折り返しに入りました。

続きまして、緑のカードになります。

 

f:id:morederta:20171028055214p:plain

カード名: 爆撃獣カーバンくん
レアリティ: C
コスト: 1CP
タイプ: ユニット
属性: 緑属性
種族: 珍獣
BP: 3000 4000 5000
       
■犠牲ファイヤー!
あなたのユニットが戦闘した時、このユニットを破壊する。そうした場合、ターン終了時まで戦闘中の相手ユニットのBPを1/2にする。

 

他の自壊ユニットシリーズとは、タイミングの異なるユニット。

カードレビューの公式放送で『見える武器破壊』という単語が出ていたが、それに尽きる。

 

その性質上、守りよりも攻める時に真価を発揮する。

 

 

 

 

 

 

f:id:morederta:20171028055221p:plain

カード名: 緑風アキレウス
レアリティ: UC
コスト: 3CP
タイプ: ユニット
属性: 緑属性
種族: 精霊
BP: 6000 7000 8000
       

■風より速く!
このユニットがフィールドに出た時、あなたは手札を全てデッキに戻す。そうした場合、デッキに戻した枚数と同じだけあなたはカードを引く。
■アクセルストーム
対戦相手の効果によってあなたのユニットがダメージを受けた時、ターン終了時まであなたの全てのユニットのBPを+5000する。

 

マーメイドとの違いは、捨て札ではなく手札がデッキに戻る点。

対戦相手の効果によってという点から、パズズのウィルスでも下の効果は発動可能。

 

パズズ進化の奇跡と組み合わせると、猛攻をかけることができる。

 

 

 

 

 

f:id:morederta:20171028055232p:plain

カード名: 絆の剣士
レアリティ: R
コスト: 4CP
タイプ: ユニット
属性: 緑属性
種族:
BP: 6000 7000 8000
       
■剣世を往く
あなたのターン終了時、【侍】ユニットのカードを1枚ランダムで手札に加える。
■信頼の剣
このユニットがブロックした時、ターン終了時までこのユニットのBPを+[あなたのフィールドにいる【侍】ユニット×1000]する。

新バージョン唯一の侍カード。

 

上の効果は、なるべく使用し続けたい効果なので、アヤメなどでこのユニットに加護をつける動きも強力。

下の効果は、あくまで本人がブロックした時のみ発動な点に注意。

 

 

 

f:id:morederta:20171028055239p:plain

カード名: 暴戦士モルドレッド
レアリティ: VR
コスト: 4CP
タイプ: ユニット
属性: 緑属性
種族: 英雄
BP: 3000 4000 5000
       
【貫通】
■起動・カムランの決戦
あなたのCPを-1する。そうした場合、対戦相手のユニットを1体選ぶ。それに【強制防御】を与える。(この効果は1ターンに1度発動できる)
■緋翠のクラレント
このユニットがフィールドに出た時、あなたの捨札のカードを全てデッキに戻す。そうした場合、あなたの【英雄】ユニットの基本BPを+[デッキに戻した枚数×500]する。

 

英雄の基本BPを超強化するユニット。

大三角デッキの、文明崩壊の代わりに入るカードという印象。

 

これで大型になった大三角英雄たちは、中々処理しづらい。

10枚戻せば+5,000なので、5~6ラウンド位から本領を発揮するイメージ。

 

起動効果は、他のユニットと違い、CPを使用する点に注意。

英雄デッキならば、ヴィヴィアン等でCPを捻出することは可能。

 

 

 

f:id:morederta:20171028055248p:plain

カード名: 巨狼少女フェンリル
レアリティ: SR
コスト: 6CP
タイプ: ユニット
属性: 緑属性
種族:
BP: 2000 3000 4000
       
■わんわんどりーみん
対戦相手のフィールドにいるユニット数が2体以上で、あなたのフィールドにユニットが0体の場合、手札にあるこのカードのコストを-3する。
このユニットがフィールドに出た時、対戦相手のユニット1体を選ぶ。そのユニットを破壊する。そうした場合、このユニットの基本BPを+[破壊したユニットのBP]する。
対戦相手のインターセプトカードの効果が発動した時、対戦相手の全てのユニットの基本BPを-1000する。

 

大きい。

対面のユニットが2体以上。こちらが0体の時にフェイクメイクを使用すると

0コストフェンリルが手札に生まれる。

元が6CPなので、VIP待遇が踏める。

 

対英雄デッキでは輝くカード。

高BP帯ユニットに対して非常に効果的。

 

複数体場に展開すると、対面は簡単にインターセプトが打てなくなる。

3CPで出してエクストリームサモンしてみたい。

 

あまり緑らしくない効果というのもあり、緑以外のデッキにも出張しそう。

 

獣なので、アグレッシブモンキーズが発動可能。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:morederta:20171028055256p:plain

カード名: 諸刃のドーピング
レアリティ: C
コスト: 0CP
タイプ: インターセプト
属性: 緑属性
種族: --
BP: - - -
       
■諸刃のドーピング
あなたのユニットがフィールドに出た時、あなたの全てのユニットの基本BPを+5000し、デスカウンター[1]を与える。

 

自ターンでのデスカウンターのため、ターン終了時には発動時に場にいたユニットはいなくなる。

 

ジェネレイトサイクルのユニットと組み合わせると、自陣のウィルスを1ターン早く消せるかどうかは要検証。

 

出来れば、貫通と組み合わせたい。

後述する合戦の鬨との相性が抜群。これで試合終了! というタイミングで使用したい。

 

 

 

 

 

f:id:morederta:20171028055302p:plain

カード名: 合戦の鬨
レアリティ: UC
コスト: 0CP
タイプ: インターセプト
属性: 緑属性
種族: --
BP: - - -
       
■合戦の鬨
あなたのコスト5以上のユニットがフィールドに出た時、あなたの全てのユニットの基本BPを+2000する。
あなたのコスト5以上のユニットがアタックした時、あなたの全てのユニットに【貫通】を与える。

 

2つ発動タイミングを持つカード。

基本BP上昇効果はアトゥムなどと相性が良い印象。

 

スサノオでも踏める。

この貫通は、よくある貫通付与と違って永続。次のラウンド以降も持ち越せる。

 

フィニッシュムーブの1つとして、充分採用の余地あり。

 

ヌトがアタックしても使用可能だが、ヌトをアタックさせるためには、OCさせない限りは1ラウンドの間ヌトを存命させないといけない点に注意。

 

 

 

 

 

 

f:id:morederta:20171028055309p:plain

カード名: 風凪の太刀
レアリティ: R
コスト: 0CP
タイプ: インターセプト
属性: 緑属性
種族: --
BP: - - -
       
■選略・風凪の太刀
あなたのユニットが戦闘した時、以下の効果から1つを選び発動する。
①:ターン終了時まで戦闘しているあなたのユニットのBPを+3000する。
②:対戦相手の全てのユニットの基本BPを-1000する。

 

 

一つ目の効果は不可侵防壁

注目すべきは2つめ。

 

基本BPダウンなので、メタルウインナーを切り払える。

 

緑のパンプは、武器破壊フォルテッシモ。という状態が最近多かったように思うので、比較的新しいパンプだと、老獪な一撃などと同様クラスの警戒をおきたい。

 

これによって、『珍獣を並べて壁にする』という盤面は一気に崩される可能性があるので注意。

 

 

 

 総評として、貫通とBP増加が目についた印象。

フェンリルは、様々なデッキに入る可能性が高いので、どのようなデッキからでも突然出てくる位の覚悟をしておきたい。

Ver.2.2EX カードレビュー(黄)

続きまして黄色のカードレビューです。

 

 

 

f:id:morederta:20171028053659p:plain

カード名: 牙忍・オルトロス
レアリティ: C
コスト: 1CP
タイプ: ユニット
属性: 黄属性
種族: 忍者
BP: 3000 4000 5000
       
■翻弄の剣舞
対戦相手のユニットがフィールドに出た時、このユニットを破壊する。そうした場合、フィールドに出たユニットの行動権を消費する。フィールドに出たユニットがコスト2以下の場合、このユニットを破壊する代わりに手札に戻す。

 

 

自壊ユニットシリーズの中で、唯一自身がバウンスする可能性があるカード。

バウンス発生時は、ショータイムから高コストユニットを呼び出すことも可能です。 

 

先攻初手でこのユニットを出す場合、次のターンに呪縛をつけるユニットが欲しくなるため、マリガンが難しくなる可能性大。

通常の黄単には忍者は他に入りにくいため、忍びの里などを使って比較的簡単にサーチは可能。

また、コレクター用の種族増やしユニットとして使用もしやすい。

 

このシリーズの中で、一番複数展開する旨味がないユニット。

 

 

f:id:morederta:20171028053653p:plain

カード名: 空戦型キャタピワラシ
レアリティ: UC
コスト: 3CP
タイプ: ユニット
属性: 黄属性
種族: 機械
BP: 4000 5000 6000
       
■起動・一斉掃射
対戦相手の全ての行動済ユニットに2000ダメージを与える。(この効果は1ターンに1度発動できる)
■救援部隊投入
このユニットがフィールドに出た時、あなたのフィールドにユニットが4体以下の場合、あなたのコスト3以下の【機械】ユニットを1体選ぶ。それをあなたのフィールドに【複製】する。

 

機械の辛みであった横並びを補助してくれるユニット。

自身も複製対象に入る

タケミカヅチタケミナカタバトルキッドメカだっくん政宗機械デッキでは良い複製対象は大量にある印象。

 

機械デッキ以外だと、グレイブガーディアンルクス・マキナ等が複製対象。

 

寝焼きの効果はおまけの感覚。オーバーヒートでもついていれば充分な火力にはなるが。

 

 

 

 

 

f:id:morederta:20171028053644p:plain

カード名: 巨盗タウロス
レアリティ: R
コスト: 3CP
タイプ: ユニット
属性: 黄属性
種族: 盗賊
BP: 6000 6000 6000
       
■お宝ゲットォ!
このユニットがフィールドに出た時、あなたの手札が6枚以下の場合、デッキから3枚ランダムで見る。その中から1枚選び、それを手札に加える。残りの2枚のカードは消滅する。

 

 

プチ選ばれし者

こちらも種族が盗賊と、従来の黄単には入りにくい種族。

オルトロス黄タウロスを入れておけば、それだけで種族2種類は確保できる。

選ばれし者より選択の枚数は少ないものの、ターン終了時を待たなくてよいのが強み。

 

フィジカルも6/6/6と充分。

 

 

 

 

f:id:morederta:20171028053635p:plain

カード名: パティ・シエル
レアリティ: VR
コスト: 3CP
タイプ: ユニット
属性: 黄属性
種族: 魔導士
BP: 6000 7000 8000
       
■起動・あま~いイチゴケーキ♪
ユニットを1体選ぶ。それのレベルを-1する。(この効果は1ターンに1度発動できる)
■マジカル☆スウィート
このユニットがフィールドに出た時、このユニット以外のあなたのユニット1体選ぶ。それを手札に戻し、コストを-1する。

 

下の効果によって、1コストユニット。特にサーチ珍獣を手札に戻すと非常に強力。

アゲンストで戻ってきた珍獣が0コストになっていると考えると分かりやすい。

 

他にも、走り終わったホルスの再利用などが可能。

 

起動効果に関しては、自陣他陣問わずのため、汎用性が高い。

フィジカルも6/7/8と、ムキムキ魔導士族のひとり。

 

ホルスが入っているデッキのお供に。

 

 

 

f:id:morederta:20171028053627p:plain

カード名: 宇宙の歌姫アイリーン
レアリティ: SR
コスト: 4CP
タイプ: ユニット
属性: 黄属性
種族: 舞姫
BP: 7000 8000 9000
       
■選略・コズミックライトステージ
このユニットがフィールドに出た時、以下の効果から1つを選び発動する。
①:あなたのライフを+1する。
②:あなたの手札のカードを1枚選ぶ。それを手札に作成する。

 

どちらの効果も強力だが、直接盤面に触れる効果ではない点に注意。

ライフ増加という点だけに絞れば、イズナの方が優秀な印象。

 

ホームズ同様、後続のユニットや、その後の展開をどう動かしていくかが重要になる。

 

特にライフを+1して有効なのは『勝ちのルートが、7点とるプランで組んであるデッキが相手』の時。

 

イザナミオベロンといった、直接的なライフダメージを持つユニットも環境に存在するため、間接的にそれらの効果を打ち消すといった考え方も出来る。

 

ライフ3以下は即死域というデッキが環境にはゴロゴロ存在しているので、無条件でライフを増やす効果は強い。

後攻10ラウンド目に軽減アイリーンアイリーンで2ライフ増やすことも出来る。

 

悪さが出来そうなのは2番めの効果。

大航海時代アイリーンを組み合わせて、上手く回せば0コストアイリーンを増産可能。0コストアイリーンが手札に2枚あると、手札とCPを使わずに盤面を並べることも可能。

 

手札複製という能力やライフ増加という点から、黄単だけではなく様々なデッキで使用出来そう。

 

種族が舞姫のため、巫女の護り手が発動する。他にも舞姫を入れる場合は採用の余地ありかと。

 

今回の黄ユニットはあまりメジャーではない種族が多く、本当に、コレクターが使いやすい用に思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 【インターセプト

f:id:morederta:20171028053619p:plain

カード名: 救出劇
レアリティ: C
コスト: 1CP
タイプ: インターセプト
属性: 黄属性
種族: --
BP: - - -
       
■救出劇
対戦相手のユニットがフィールドに出た時、【呪縛】の効果を発動しているあなたの全てのユニットの【呪縛】を取り除く。そうした場合、あなたの【呪縛】を取り除いたユニットの行動権を回復する。

 

 

呪縛メタ。

タイミング的に、パラライズフォグとは若干組み合わせづらい。

黄色メタを黄色で出しているのは珍しい気がする。

 

全国対戦よりも、大会用カードの印象。

 

f:id:morederta:20171028053608p:plain

カード名: 運命を繋ぐ糸
レアリティ: UC
コスト: 0CP
タイプ: インターセプト
属性: 黄属性
種族: --
BP: - - -
       
■運命を繋ぐ糸
あなたのターン開始時、あなたのユニットが2体以上いる場合、あなたの全てのユニットの行動権を消費する。そうした場合、あなたのデッキからカードを1枚選んで手札に加える。

 

トールと相性が良い。

これとエレクトリックファングディバインシールドを使えば、ワンショットの構築が出来る予感はする。

 

 

 

f:id:morederta:20171028053555p:plain

カード名: 閃光妖術
レアリティ: R
コスト: 1CP
タイプ: インターセプト
属性: 黄属性
種族: --
BP: - - -
       
■選略・閃光妖術
あなたのターン終了時、以下の効果から1つを選び発動する。
①:あなたのユニットと対戦相手のユニットをそれぞれ1体ずつ選ぶ。それらを消滅させる。
②:対戦相手のユニットを2体まで選ぶ。それらに【呪縛】を与える。

 

1つ目の効果は選べる両成敗

ターン終了時の発動のため、アグロ系黄単との相性が良い。

 

あまり環境では見なくなったが、サリエルを処理する方法の一択として充分に採用の余地あり。

 

 

総評として、今回の追加の中では、他の色と比べて特に優秀な追加カードが多いように思う。

最近あまり活躍できてなかった黄色という色自体の復活にどれだけ貢献できるのかは今後の研究次第。

Ver.2.2EX カードレビュー(青)

続きまして、青のカードレビューになります。

よろしくお願い致します。

 

 

 

【青属性】

f:id:morederta:20171028042153p:plain

カード名: 黒翼のルイス
レアリティ: C
コスト: 1CP
タイプ: ユニット
属性: 青属性
種族: 天使
BP: 3000 4000 5000
       
■常闇と昇天
対戦相手のユニットがフィールドに出た時、このユニットを破壊する。そうした場合、フィールドに出たユニットに【沈黙】を与える。あなたは捨札からインターセプトカードを1枚ランダムで手札に加える。

 

自壊1コスユニットシリーズ。このユニットの存在を忘れてアンラマンユヌトを出すと悲しいことになるので注意。

起動効果が増え、アムネシアが弱体化されたこのバージョンの中で、永続沈黙はそれだけで強力な効果。

このシリーズのユニット全般に言えることとして、対面に一手間を強いるので、相手のテンポを乱しやすいという特徴がある。

ただし珍獣デッキには効果が薄い。

 

インターセプトドローは、捨て札回収なので、先にインターセプトを打っておく必要がある。

ルイスを採用した海洋などでは、マリンステラ等でよりインターセプトを切りやすくなると考えられる。

 

 

 

 

 

f:id:morederta:20171028042146p:plain

カード名: ガンメタルドラゴン
レアリティ: UC
コスト: 3CP
タイプ: ユニット
属性: 青属性
種族: 亜竜
BP: 5000 6000 7000
       
■起動・寒慄の咆哮
あなたのユニットと対戦相手のユニットをそれぞれ1体ずつ選ぶ。それらに【沈黙】を与える。(この効果は1ターンに1度発動できる)
■ガンマレイ
あなたのターン開始時、【沈黙】の効果を発動している対戦相手のユニットを1体選ぶ。それを破壊する。

 

起動効果は、総長などのジェネレイトサイクルユニットが出した自陣のウィルスに沈黙をつけることが出来る。

後半の『ガンマレイ』は、出したターンには発動できず、ターンが返ってくるのを待たないといけない点に注意。

 

 

 

f:id:morederta:20171028042137p:plain

カード名: 蒼の姫
レアリティ: R
コスト: 3CP
タイプ: ユニット
属性: 青属性
種族: 魔導士
BP: 5000 6000 7000
       
■雪花の指揮
あなたの【魔導士】ユニットが戦闘によって破壊された時、そのユニットを手札に戻す。
■双愛なる圧死
あなたの【魔導士】ユニットが効果で破壊された時、対戦相手のユニットを1体選ぶ。それにデスカウンター[1]を与える。

 

新カードの中で、個人的にエクストリームサモンしたいユニット筆頭。複数展開することで、1体効果破壊されると複数体にデスカウンターをばら撒けるようになる。

 

上の効果『雪花の指揮』は自身も対象になるため、このユニットは基本戦闘破壊時に手札に戻ってくることになる。

 

基本的に、デスカウンターは対戦相手のターン中につけたい効果なので

対戦相手のターン中に効果で魔導士を自壊させる方法があるとより良い。

 

特に深く考えなくても、対面のブリギッドなどを道連れにしてくれると考えると優秀。

 

 

 

 

 

 

f:id:morederta:20171028042127p:plain

カード名: 玲剣・グラム
レアリティ: VR
コスト: 4CP
タイプ: ユニット
属性: 青属性
種族: 武身
BP: 6000 7000 8000
       
■武身転生・玲剣の飛断
対戦相手のターン終了時、あなたのフィールドにユニットが4体以下の場合、あなたのデッキからコスト4以上5以下の【武身】ユニットをランダムで1体【特殊召喚】する。そうした場合、このユニットをデッキに戻す。
このユニットがフィールドに出た時、またはあなたのターン開始時、対戦相手のレベル2以上のユニットを1体選ぶ。それを破壊する。

 

既存の武身デッキに入らないタイプの武身。死壊石との相性抜群。

新カードなら、モリアーティとの相性も良さそう。

 

従来の武身デッキには、レベルコントロール要素が皆無のため、武身単で運用するためには構築を練る必要あり。

同じ青武身の村正とは異なり、選択破壊なので、加護は破壊できない点に注意。

 

 

 

 

f:id:morederta:20171028042115p:plain

カード名: 海底王デスクラーケン
レアリティ: SR
コスト: 5CP
タイプ: ユニット
属性: 青属性
種族: 海洋
BP: 8000 9000 10000
       
■呑舟の大海嘯
このユニットがフィールドに出た時、対戦相手のレベル2以上のユニットを全て破壊する。対戦相手のレベル1のユニットのレベルを+1する。あなたの捨札に青属性カードが10枚以上ある場合、このユニットに【スピードムーブ】を与える。
このユニットが戦闘した時、それがアタック中だった場合、戦闘中の相手ユニットを破壊する。このユニットがプレイヤーアタックに成功した時、対戦相手の全てのユニットに【沈黙】とデスカウンター[1]を与える。

 

ハデス効果&生き残ったユニットもレベルが上がるので、対面の場にLV2のユニットしかいなくなる効果。

後はアタックした時限定の青沖田効果。対面のこのユニットからアタックされた時は、プレイヤーアタックを通すか否か、慎重な判断が求められる。

オシリスから出てくると非常に強いユニット。

メフィストから出てきても非常に強いユニット。

種族も海洋と、レベコン系青単にとって強いことばかり書いてあるカード。

 

プレイヤーアタック成功時にデスカウンターを対面にばらまくが、返しのLV2ユニットの猛攻を防ぐ手立ては考えておかないと危険。

スピムを付与させるには、単色でないと厳しい。

 

慣れないと、出すタイミングがよく分からないカードではある。

特に、5CP時が、マンユ召喚安定だった環境から、このユニットをどう出していくかは今後の課題。

 

 

 

 

インターセプト

f:id:morederta:20171028042106p:plain

カード名: 銀世界
レアリティ: C
コスト: 5CP
タイプ: インターセプト
属性: 青属性
種族: --
BP: - - -
       
■銀世界
対戦相手のターン開始時、全てのユニットを破壊する。

 

発動タイミングが相手のターン開始時になったジョカのようなもの。

しかし、使用するためには5CP残してターンを回す必要がある。

似たカードに黄色の神の圧力があるが、あちらは自分のターン開始時と発動タイミングが異なる。

そのまま使用すると更地で場を明け渡すことになるので、青レオフロストジャイアン等の自力特殊召喚ユニットと最低限組み合わせるのをオススメします。

 

 

 

 

 

f:id:morederta:20171028042055p:plain

カード名: 邪を映す水鏡
レアリティ: UC
コスト: 2CP
タイプ: インターセプト
属性: 青属性
種族: --
BP: - - -
       
■邪を映す水鏡
(このインターセプトは5回使用すると捨札にいく)
対戦相手のユニットがアタックした時、対戦相手の手札が2枚以上ある場合、対戦相手は自分の手札を1枚選んで捨てる。

 

繰り返し使えるインセプ系。

ジャック・オー・ランタンでコストを落としたいインターセプト

大航海時代の適応範囲内ではあるが、大航海時代でコストを落とした場合は

フェイクメイクアイリーンで複製してコストを固定する必要あり。

 

サイクロプスが起き上がるので、『対面2CP青伏せ、場に行動権のないサイクロプスがいる時』などは要注意。しかし2CPなので、カード自体の使用率は低そう。

防御時には発動しづらかった呪いの眼差しの発動条件を、満たすことが出来るカード。

2CP使っただけの元をとる発動タイミングというのは、中々少ないように思う。

 

 

f:id:morederta:20171028042044p:plain

カード名: 氷獄の麗人
レアリティ: R
コスト: 0CP
タイプ: インターセプト
属性: 青属性
種族: --
BP: - - -
       
■選略・氷獄の麗人
あなたのユニットが破壊された時、以下の効果から1つを選び発動する。
①:あなたはインターセプトカードを1枚引く。
②:あなたのフィールドのユニットが4体以下の場合、あなたの捨札にある進化ユニット以外のコスト2以下のユニットをランダムで1体【特殊召喚】する。

 

ルイスと組み合わせると、手札にインターセプトが2枚増える。

破壊時なので、インターセプトの圧縮効果としては1手間かかる印象。

 

2番目の効果は、大体ニケを呼ぶことになりそうな効果。

しかし破壊された時と発動タイミングが広いため、戦闘破壊時でも使用できるのは有能。壁をもう1枚貼れます。

 

メインは2番目。使用する必要がない時は1番目の効果を使うといった使用法になりそう。

 

 

 

総評として、このバージョンはハンデスよりもレベコンによったバージョンになっているという印象。

既存の青カードを環境に蘇らせる可能性もあるカードがあるのが好印象。