読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

COJ初心者が頑張るブログ

COJ コードオブジョーカー初心者が、頑張って勝率を上げる方法を模索するブログです。戦歴やプレイ中に思ったことなどの備忘録を兼ねています

It's showtimeについて

こんばんは。

最近、戦歴についての更新をお休みさせていただいている事が多いMore.Dです。

戦績についての記載は、新環境(Ver.1.4EX1稼働)になってから、再び再開したいと考えています。今の考察が、そのまま役立つ可能性があるか、微妙な点が出てきましたので。

 

本日は、新しいバージョンでの新カードの紹介と、既存のカードの修正情報、及びアルカナカップ本戦の大会形式についての紹介放送がありました。

 

以下、端的にですが、個人的な感想を述べさせていただきます。

 

1.新バージョンのカード紹介について

まず、個人的に、ほぼ間違いなく使うだろうと考えているものは

オータムロイド

ルサルカ

天空のアイテール

It’s showtime

聖典の恩恵

 

以上の5枚になります。

有能なカードは他にもありますが(狂気の決闘場等)、個人的に非常に魅力的なのはこの辺り。

カードの効果についての詳細などは、既に詳しく記事にしていただいている方がいらっしゃるので、そちらにお願いするとして、自分ならばどう運用するか、について少し考えてみました。

 

個人的には、後攻マリガン基準

オータムロイド 熾天使の片翼 エンジェルビルダー 他

オータムロイド 熾天使の片翼 5コストユニット 他

 

後攻初手

オータムロイド召喚→It’s showtimeをドロー。マリガン基準のユニットを墓地に捨て、トリガーゾーンに熾天使の片翼It’s showtimeを刺してターンエンド。

 

の流れが、特殊召喚好きな自分にとっては、非常に魅力的な流れに感じました。

これは、前にイベントで少し触った鏡合わせの祈りを活かす動かし方と、少しだけ通じるものがありますが、それよりも、遥かに強力な動き方です。

 

この動きに対抗する動きとして考えられる具体的な対処法は、2T先攻のターン時に、オータムロイドを、ユニット召喚時の効果、またはインターセプトで破壊、消滅することになります。

1ターン目にマコが出るタイプのデッキでしたら、マーヤでもいいですし、処理順的に、二体目マコ召喚からのブロウアップ等でも破壊可能です。

問題は、赤以外は、トリガーを割る以外に、対処法がないのでは? と言う事。

緑なら早打ち勝負でまだワンチャンスがありますが、青と黄は、トリガーを割らない限りは苦しい気がしています。青の場合は、先攻2ターン目ダークテイマーネクロポリス位? 黄は……どうするんでしょうね。

 

対処しない場合、先攻2ターンにも関わらず、自分の場のユニットは1ターン目に出したユニットのみ+対戦相手の場には獅子王、のような、かなり苦しい盤面を作られることになります。人身御供があれば、更地に戻せますが、その人身御供にはコストが1になるという修正が入っています。

 

これが、面白そうなので、是非試してみたいです。

新バージョンが稼働次第、専用デッキを構築し、実践レベルで使えるものになるのだろうかと研究する予定です。

 

天空のアイテールの登場で、天使を使ったタイプのデッキもいいな、と考えています。特に、上記のマリガンにクリムゾンナースを採用するような場合には、力になってくれると思います。

 

また、エンジェルビルダーは、数少ない、特殊召喚で呼び出しても加護の付くユニットですので、このギミックを使う場合のマリガン基準としては優秀です。相手が赤なら、オータムロイドを軽減に刺して、エンジェルビルダーを出す事で、対面が赤だと確認できた後でも、最悪の自体は免れると思います。

 

ルサルカ特殊召喚運用については、墓地の管理の関係からデスパレード等の採用も視野に入ると思います。

 

聖典の恩恵については、まぁ……。青が好きなので、お察しいただければと思います。

「使用できるのは、このシチュエーションのみ!」のようなタイプのカードではないので、そういう意味でも非常に青とマッチしているな、と感じています。

 

2.既存のカードの修正情報

昨日、今日と、記事を書いていて気が付きました。

自分は、戦歴メモ以外は、事前にブログ用の草案等を一切準備していなく、打ちながら考えて記事を書いているので、大体、記事を書いている間に色々閃けばひらめくほど、記事の前半の文字数が多くなってしまうな、ということを。

 

というわけで、1章でまた、かなり書いてしまったので、端的に。

カードの修正情報については、これもまたまとめていただいている方が他に既にいらっしゃいますので、そちらにお願いするとして、自分の感想です。

 

「DOB:DデッキのOC珍獣、今までありがとうございました」

このデッキで磨いた、プレイングや考え方については、他のデッキでも役立つ部分がありますので、OC珍獣は、自分の心に残り続けます。 

 

3.アルカナカップ本戦の大会形式について

こちらについては、地区予選を通過できた場合に、考察を入れると思います。今は、目の前の地区予選を通過することに全力を注ぎたいです。

 

 

本日は、数多くの方にトレードをしていただいて、後残るカードはベルゼブブ三枚のみとなりましたので(PR以外の全てのNカードが3枚揃った形)、取り急ぎ、何とかしてこの手に、と考えています。

トレードしていただいた方、また、レートの認識の甘かった自分に色々ご指導いただいた方に、感謝を。

 

明日は、お誘いをいただいたので、久留米で行われる、COJの大会に参加してきます。

明日からも頑張ります!